信用情報で審査に落ちる

マイカーローンの審査に落ちてしまう理由として、職務や勤務形態、勤続年数、年収、家族構成に年齢など、様々な要因があります。ただし、これらは複合的に判断される材料の1つ1つに過ぎません。フリーターでも新卒でも、20代前半でも独身でも子供が5人いても、マイカーローンの審査に通る可能性はあります。

 

マイカーローンの審査に最も影響を与える属性の1つに信用情報があります。信用情報とは、私達が今まで組んだローンやその申込み、契約、支払い状況などについての履歴です。マイカーローンの審査時には、申込むローン会社だけでなく、他社での、それもマイカーローン以外の各種ローン系の、それも過去に遡っての利用状況まで参考にした上で審査が行われます。

 

例えばクレジットカードやキャッシングの支払いを滞納していたり、過去に滞納の履歴があったりした場合、それが原因でマイカーローンの審査に落ちる可能性があります。また、滞納をしていないにしても、年収に対して借入金額が大きすぎる場合も、審査に落ちる可能性があります。

 

信用情報について特に重要なのは過去の返済履歴です。正常に返済がされていない場合、信用情報に傷がついているといいますが、マイカーローンの審査では不利になります。

 

新車に比べて購入金額が少額となる中古車での車ローンでも同じように審査はしっかりと行われるので、信用情報に問題があると通らなくなってしまうのです。